私のオススメ本

第191回 自分の短所ばかり気になってしまう人にオススメ

おススメ本
  松江キャンパス 図書館職員 池田理絵
  私のオススメ
   『夜明けのすべて』

   瀬尾まいこ 著
   文春文庫 2023年9月発行

 この小説は、小さな金属会社に勤めるPMS(月経前症候群)を患った美紗とパニック障害を患った山添。同じ職場の男女2人が互いの病気を知ったことから始まるお話です。
 2人は悩んだり、迷ったり、立ち止まったり、時には感情をぶつけ合ったりしますが、お互い他人から理解しづらい病気を患っているからこそ、次第に同志のような気持ちが芽生え、不器用ながらも助け合い、少しずつ前を向いて歩き始めます。
 読む前は、PMSとパニック障害という二つの病気の苦難がテーマとなっているので、重たい話なのかなと思っていましたが、主人公2人のクスっと笑ってしまうようなやり取りや絶妙な距離感、2人を支える周りの人たちがみんな優しい人ばかりで、読み終わった後はほっこり、温かい気持ちになれるお話でした。
 人は、生きていると様々な困難にぶつかったり、自分の至らなさに落ち込んでしまうことがあると思います。でも、人は誰しも完璧じゃないからこそ、足りないからこそ、お互いに補い支え合って生きている、だから、できないことを嘆くのではなく、自分なりにできることは何かを考えてやっていくことが大切なのではないかと、私はこの小説を読んで、強く思いました。
 また、この小説は、映画化が決まっており、松村北斗さんと上白石萌音さんのW主演で2024年2月9日に公開されます。主人公2人のやり取りがどのように映像化されるのか、また、原作との比較もとても楽しみです。個人的には先に原作を読んでから映画を見るのをおすすめします。

 
※バックナンバーはこちらです