ホーム > キャンパス > キラキラドリーム

平成29年度キラキラドリームプロジェクト(松江キャンパス)


表題

キラキラドリームプロジェクトとは

学生(個人や団体)の自主的に企画する独創的で魅力的なプロジェクトに対して、大学が費用を補助し、夢の実現を支援する事業です。本プロジェクトの主旨・目的にあった学生提案をコンテストで選考します。学生の皆さんの自主性・積極性・創造性を思う存分発揮できる機会を提供し、より充実した学生生活を送ってもらいたいと願っています。

応募の要件

(ア) 学生自身が自主的に企画や運営をするもの
(イ) 成果報告会に必ず参加すること
(ウ) 代表者が島根県立大学短期大学部の学生であること
(エ) グループで応募する場合は、メンバーの半数以上が島根県立大学短期大学部の学生であること
(オ) ゼミ等での研究、学位論文に関する研究プロジェクトでないもの

募集枠の種類および支援金額

  • ドリーム枠(22万円)×1件審査会
  • キラキラ枠(10万円)×2件

※備考1:プロジェクト企画が採択された場合、必要経費は選考委員会にて査定を行うため、満額が支給されるとは限りません。
※備考2: 1人当たり応募は1枠のみ(グループとしての参画も含む)とします。
※備考3: 審査結果により、予算の範囲内で枠ごとの採択数を変更することがあります。

平成29年度キラキラドリームプロジェクト

平成29年度のスケジュールは以下のとおりです。

  • 募集説明会
    (1)平成29年5月23日(火)12:15〜12:50 (2)平成29年5月25日(木)18:00〜18:35
  • 企画勉強会 平成28年5月24日(火)12:15〜12:50・18:00〜19:00
  • 応募締切 平成29年6月23日(月)17:00
  • 公開審査会 平成29年7月6日(木)18:00〜 松江キャンパス体育館一階研修室
    採択者向けオリエンテーション  平成29年7月以降
  • 報告書提出 平成30年2月下旬
  • 最終報告会 平成30年3月予定

 平成29年度公開審査会の様子

平成29年7月6日に行われました公開審査会では、それぞれの団体が創意工夫を凝らしたプレゼンテーションを行いました。

公開審査会
公開審査会

公開審査会

公開審査会 

公開審査会

平成29年度採択プロジェクト決定  

書類選考の得点と公開審査会の合計得点の結果、平成29年度は次の3団体が採択されました。

ゆうりん「島根の知名度UPプロジェクト〜来(き)ないや島根〜」
■チーム先輩&後輩「Amvision〜きっかけ・チャンスを見つける!」
■島根探訪隊「知られざる島根探訪〜島根の魅力を再発掘〜」         

平成29年度 特別審査員の紹介

大川 真美 氏/株式会社CocoroRibbon 代表取締役

 特別審査委員

【プロフィール】

島根県中小企業家同友会理事 松江支部長 現在38歳 3児の母。島根県松江市出身。島根県立島根女子短期大学保育科卒業後、保育士、損保会社で企業のリスクマネジメントの仕事を経験。2つの仕事を通して子どもも大人も個と組織の在り方について興味を持ち、組織のなりたちには個の尊重が大事なことに気づく。『らしく輝く』を企業理念に2015年株式会社CocoroRibbon設立。企業側へ多様な働き方の提案や業務改善コンサルティングを行う。地域貢献事業として潜在ワーカー向け〜キャリアデザイン研修『らしさ見つけ塾』を定期的に開催。枠にとらわれない生き方、働き方を自ら選択して、らしく輝くことができる社会づくりに貢献すべく日々奮闘中。

鈴木 隆太 氏/認定特定非営利法人カタリバ 雲南市教育魅力化コーディネーター

特別審査委員 

【プロフィール】

1988年東京都出身。東京の大学に進学後、認定特定非営利活動法人カタリバにて4年間インターンとして関わる。大学4年生の時に東日本大震災が起こり、震災をキッカケに宮城県牡鹿郡女川町に半年間移住し、カタリバの東北拠点である「女川向学館」の立ち上げに従事。大学卒業後は、IT関連企業である株式会社ネクスト(現:株式会社LIFULL)にて不動産情報サイト「HOME'S」の営業職勤務。「教育を通した人材育成をしたい」という想いから、20152月、認定特定非営利活動法人カタリバへ転職。同年4月に島根県雲南市へ移住し、雲南拠点の立ち上げに従事。今年度より雲南市の「教育魅力化コーディネーター」として雲南市内の高校で先生方と協働した「雲南市教育魅力化」を推進中。

青木 悟 氏/島根県総務部総務課 企画幹
 特別審査委員    

【プロフィール】

1969年生まれ、島根県出雲市出身。1922年島根県職員に採用後、教育委員会、地域振興部、商工労働部等で勤務。平成27年度からは公立大学法人島根県立大学に派遣され、新学部設置等準備室長として平成304月に松江キャンパスに開設する4年制の「人間文化学部」の開設準備に携わる。これまで、地域振興室(現しまね暮らし推進課)の時代には、平成19年に大田市に駐在し、石見銀山遺跡の世界遺産登録を契機とした地域振興に携わるほか、平成25年度からは中山間地域支援グループリーダーとして中山間地域支援の陣頭指揮をとる。また、観光振興課時代には「神々の国しまね」プロジェクトの立ち上げ、平成24年には神話博しまねの開催に従事。

年度別プロジェクト内容

ドリプロの軌跡new_window

 2015

平成26年度

kirakira2014