松江キャンパスホーム > キャンパス情報 > 大学・キャンパスの動き

大学・キャンパスの動き

第6回 松苑会交流バスツアー

2019/3/25

松江キャンパスの皆さん(学生)へ

毎年4月恒例の松苑会(同窓会)交流バスツアーに参加されませんか。

松江キャンパスを出発して、(八重垣神社)→(昼食)→(小泉八雲記念館・松江城周辺散策)→(玉作湯神社参拝・玉造温泉街散策)のコースをまわって、松江キャンパスへ帰ります。※詳細はご案内PDFをご覧ください。

近いけどなかなか訪れることのない場所を訪ねる機会ですので、たくさんのご応募をお待ちしています。

申込は、申込用紙に記入して事務室管理課の後援会担当者まで。(用紙は窓口にもあります。)

皆さん揃って参加してください。

【日 時】 2019年4月21日(日)8:50~16:00

【参加費】 1,500円(昼食、施設利用料含)←かなりお得ですヨ!

松苑会交流バスツアー

日本学生支援機構奨学生であった皆様へ

2019/3/23

日本学生支援機構 奨学生であった皆様へ

本学での学業を終えられ、今はお元気でご活躍のことと存じます。

特に、在学中に日本学生支援機構の奨学生であった皆様は、奨学金の返還を開始されていることと存じます。 

ところで、奨学金は口座振替により返還することとなっていますが、例年、引き落としができない方がいるそうです。

引き落としができないと、延滞となって、なかなかその状態から抜け出せなくなる恐れがあります。

そのようなことがないように、在学中からさまざまな機会にご説明をし、資料をお配りしてきましたが、改めて注意喚起するために、お知らせをします。

あなたの返還金は、口座から、きちんと引き落とされていますか。あるいは、口座振替の手続きを行っていないため日本学生支援機構から請求書を受け取って、まだ支払いが済んでいないようなことはありませんか。もう一度、ご確認ください。

万一、返還が困難な場合は、返還期限猶予制度や減額返還制度などの仕組みがありますので、今すぐ《日本学生支援機構の相談窓口》に電話してください。ご相談の際には、奨学生番号をお忘れなく。

平成29年度から各学校の貸与及び返還に関する情報が、日本学生支援機構のホームページ上で公開されています。また、奨学生であった皆様の奨学金の返還金は、次の奨学金の原資となります。本学としても、後輩学生のため、皆様に格別の留意をお願いする次第です。

《日本学生支援機構の相談窓口》 電話0570-666-301

(海外からの電話、一部携帯電話、一部IP電話 専用ダイヤル03-6743-6100)

詳しいことを知りたいときは、こちらへ。

https://www.jasso.go.jp/shogakukin/henkan/

本学の教員による展覧会のご案内(松江キャンパス)

2019/3/18

「まちとアートと古い家と」展覧会のご案内

松江市新雑賀町にある登録有形文化財「村松邸」にて本学 保育教育学科の福井一尊 先生と写真家の高嶋敏展 氏による
二人展が下記の日程で開催されます。みなさま是非お越しください。

日時:平成31年3月19日(火)〜3月24日(日)
    11:00〜17:00
会場:村松邸(登録有形文化財:島根県松江市雑賀町4-24)
入場料:無料
その他:駐車場はありません。周辺の有料駐車場をご利用ください。
(画像をクリックするとPDFファイルが開きます。)

二人展PDF

二人展

2018年度図書館研究奨励賞受賞

2019/2/26

島根県立大学人間文化学部 地域文化学科 木内公一郎講師が、日本図書館研究会 2018年度図書館研究において奨励賞を受賞されました。

奨励賞受賞


 

日本図書館研究会 2018年度図書館研究奨励賞
木内公一郎「横浜市学校司書配置政策の形成過程」(『図書館界』Vol.69 No.4, 2017-11,p.216-234掲載)
                          地域文化学科講師 木内公一郎

学校司書とは学校図書館に配置される専門的な職員です。司書教諭と連携協力しながら学校図書館を運営します。しかし自治体ごとに配置率に格差があることが問題です。この研究は2013年から4年間で499校に全校配置した横浜市の政策事例研究です。実現までには20年にわたる市民団体の活動、それに応えた市会議員と市長、実施案を作成した指導主事の相互作用がありました。しかし実現理由は「学校図書館、教育の充実」という単純なものではなく、その当時の横浜市の政治状況が反映された結果です。また学校司書の待遇にも大きな問題があります。

受賞理由:地域、議会、行政の関係を客観的に分析していること、研究構想と調査分析面において大変優れた意欲的な研究であること。同じような研究がさらに盛んになることへの期待感と波及効果、政策上の有用感と必要性が評価されました。学校司書の待遇問題が現実問題として残されているという指摘もありました。

*図書館研究奨励賞について
 研究会誌「図書館界」に過去2年間に掲載された論文のなかから優秀な論文を奨励賞委員会が選考します。奨励賞という性格から、若手から中堅の研究者を対象にしています。

電子ジャーナルで公開されています。(J-stage)
https://www.jstage.jst.go.jp/article/toshokankai/69/4/69_216/_article/-char/ja/

本学教授が『やさしい栄養英語』(講談社)上梓しました(松江キャンパス)

2019/2/18

田中 芳文(人間文化学部教授)編著
『やさしい栄養英語』(講談社)が刊行されました。

詳細はこちら https://www.kspub.co.jp/book/detail/5134146.html

やさしい栄養英語

https://www.kspub.co.jp/

キャンパス情報

前月2019/3次月
242526272812
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31123456

新着ページ一覧