松江キャンパスホーム > 学部・学科情報 > 教員一覧 > 短期大学部 > 渡邉 寛智(わたなべ ひろのり)

渡邉 寛智(わたなべ ひろのり)

渡邉講師

職    名

 准教授

研 究 分 野

 声楽、合唱、指揮、音楽教育
(研究内容を詳しく知りたい方は戻る▶

メールアドレス

 h-watanabe
(後ろに「@u-shimane.ac.jp」を付けてください。)

〇教員メッセージ

 子どものころ、家にあった大きなステレオで、父が唱歌・童謡、演歌、洋楽、邦楽、クラシック、ジャズなど様々な音楽をよく聞かせてくれました。数多くの音楽の中で一番衝撃を受けたのが、ベートーヴェンの「運命」でした。ジャジャジャジャーンと鳴り響く感動が忘れられず、私は音楽の道に進んでしまいました。もし、あの時一番衝撃を受けた音楽が演歌であったなら、私は演歌歌手になっていたのかもしれません。
 子どもが感じる音楽とは、大人が感じる音楽とは比べ物にならない感動があると思います。そんな素晴らしい音楽を、教育の現場でどのようにすれば魅力ある形で子どもたちに伝えることができるのでしょうか。そのようなことを考えながら日々学生の皆さんともに学んでいます。
 申し遅れましたが、専門は「声楽・合唱・指揮」です。いろいろな音楽の現場で自ら歌い、指導させて頂くことで、歌唱法、表現法、指導法などの研究を行い、そこで得たものを学生の皆さんにわかりやすく伝えています。

〇主な担当授業

・音楽IA(短大部1年次春学期)

この授業では保育の現場で、先生として子どもたちにより良い音楽活動を行うために必要な音楽の基礎知識を学びます。様々な音楽の基礎知識を学ぶことで、子どもたちに魅力のある音楽を伝え、子どもたちとともに音楽を楽しむ保育者を目指します。また、音楽の魅力を伝えるためには、歌を歌ったり、簡単な楽器も演奏できなければなりません。理論だけではなく、保育者として必要な音楽表現力も学ぶことができる授業です。

・音楽IV(4大部4年次春学期)

教育現場で必要な歌唱法、指導法を学ぶ授業です。人は生まれながらに声という楽器を持っています。「歌うこと」とは一体どういうことなのでしょうか。呼吸法や発声法を身につけることはもちろん、教材に使われている楽曲について、それを創作した作曲家、作詞家の意図を考え、表現法も身につけることで実践的な力を身につけていきます。
 

〇地域貢献活動

  1. 島根県立大学松江キャンパス公開講座「椿の道アカデミー」、「声を出してうたってみよう!」講師(2018年8月)
  2. 岡山フィルハーモニック管弦楽団 ニューイヤーコンサート モーツァルト歌劇「魔笛」演奏会形式 指揮:ハンスイェルク・シェレンベルガー ザラストロ役(2018年1月)
  3. 山陰の名手たちコンサート プラバホール ヴェルディ作曲:『シチリア島の晩鐘』より「ああ、祖国よ」バス独唱(2017年11月)
  4. 鳥取市主催鳥取砂のルネッサンス2017開会式 国歌斉唱(2017年11月)
  5. 米子松蔭高等学校合唱部 外部指導者(2016年 - 2017年)
  6. 米子市文化財団主催よどえファミリーコンサート 音楽のおもちゃ箱vol.3 指揮者・司会者として出演 オーケストラ:米子管弦楽団(2016年5月)
  7. 2015とりアートオペラ本公演 モーツァルト作曲 歌劇「魔笛」ザラストロ役・合唱指揮 指揮:松岡究 演出:中村敬一 管弦楽:ミンクス室内楽管弦楽団(2015年11月)
  8. 米子北斗中学校・高等学校音楽部 外部指導者(2011年 - 2016年)
  9. 皆生養護学校クリスマスコンサート(2014年12月)
  10. ひろしまオペラルネサンス公演 モーツァルト歌劇「魔笛」ザラストロ役 指揮:松下京介 演出:岩田達宗  管弦楽:広島交響楽団(2012年12月)