松江キャンパスホーム > 学部・学科情報 > 教員一覧 > 人間文化学部 > 高橋 泰道(たかはし たいどう)

高橋 泰道(たかはし たいどう)

高橋教授 / 学科長

職    名

 教授

研 究 分 野

 理科教育,生活科教育,総合的な学習の時間,
 自然保育教育,環境教育,エネルギー環境教育
(研究内容を詳しく知りたい方はこちらへ(外部サイト)

〇教員メッセージ

 小学校教員の経験を生かし,『理科の楽しさを子どもたちに伝えよう!』をキャッチフレーズに,身近な自然科学の不思議さや面白さを感じ,興味・関心をもって,問題を追求していく子どもを育てるための教材開発や指導法等の研究に取り組んでいます。
 実際には,地域の自然に直接触れて教材研究をすると共に,小学校・幼稚園の授業の様子を観察し,指導のあり方や保育のあり方について学んでいます。また,ICTを活用した授業,プログラミング教育についても取り組んでいます。


〇主な担当授業

・生活(2年次秋学期)

小学校生活科という教科の理論的・歴史的な背景を教育学の立場から理解し,生活科の授業を構想・実践するために必要な知識を学びます。生活科が保幼小接続を担う重要な科目であることをふまえ,幼児期と児童期をつなぐ教育に関する近年の実践や研究の成果からも学びながら,生活科の内容・方法とその意義の理解を深めます。

・初等理科教育法(3年次秋学期)

小学校理科における学習指導のあり方,実験・観察方法の習熟とその指導の方法,教材研究の方法,問題解決の授業の設計や評価のために必要な理論と方法について,講義と演習(グループワークや模擬授業,予備実験など)を通して,実践的な理解を深めます。