松江キャンパスホーム > 学部・学科情報 > 教員一覧 > 人間文化学部 > 工藤 泰子(くどう やすこ)

工藤 泰子(くどう やすこ)

  工藤教授

職    名

 教授

研 究 分 野

 近代観光史(観光学)
(研究内容を詳しく知りたい方はこちらへ(外部サイト)

〇教員メッセージ

 「観光学」と聞いて、どのような学問を思い浮かべますか。観光学は、観光に関わる事象を様々な角度から研究し、より良い観光の在り方を探求する学問です。私の専門は近代観光史です。近代都市(主に京都)における観光の状況や観光振興について、行政文書や新聞、地誌などを用いて調べています。どのような国家政策のもとで地域の側が観光振興を行ってきたのか、国内外の動きと照らし合わせながら研究しています。
 今日、インバウンド促進、観光による地域振興など、何かと観光に関わる報道を目にする機会が増えています。しかし、目先の観光客数増加にとらわれず、先人たちが価値を高めてきた地域の文化とその偉業、観光地の変遷、これまでの観光の弊害など、過去から学び、未来に活かすことが重要だと考えています。


〇主な担当授業

・日本の歴史II(観光史)(2年次秋学期)

近代日本における観光の展開について学ぶ授業です。明治維新を機に日本の歴史は大きく転換しますが、観光の在り方もそれまでと大きく異なります。授業では、社会的背景(近代国家の誕生、博覧会開催、鉄道敷設、戦争など)と連動させながら、観光の位置づけがどのように変化してきたのかを学習します。具体的には、京都を中心に、国家的な観光政策と地方都市の事例を織り交ぜながら、戦後復興期の観光関係特別都市建設法の制定までを対象に学習します。

・観光と地域資源(1年次秋学期)

今日の観光は、「観る」だけでなく、「学ぶ」「遊ぶ」「食す」「触れる」「体験する」など、様々な行動や目的が含まれ、観光資源が多様化しています。本授業では、観光資源の様々な定義、分類、評価方法を学習した上で、主に人文資源について学習します。ユネスコの世界遺産、無形文化遺産、世界の記憶など、世界的に有名な資源から、国宝、重要文化財、日本遺産、そして、身近にある資源に徐々に目を向け、地域の文化を活かした観光の可能性を考えていきます。フィールドワーク、グループワークを取り入れ、学習内容の理解を深めます。