松江キャンパスホーム > 学部・学科情報 > 教員一覧 > 人間文化学部 > 岸本 強(きしもと つよし)

岸本 強(きしもと つよし)

岸本教授 / 副学長

職    名

 教授 / 副学長

研 究 分 野

 体育教育学
(研究内容を詳しく知りたい方はこちらへ(外部サイト)

〇教員メッセージ

 松江キャンパスの「体育」分野を担当し、基礎科目(講義・実技)と保幼小の資格・免許に係る専門科目を主に授業を行っています。運動(スポーツ)が得意な人も苦手な人もいるでしょうが、それぞれの立場や考え方を尊重し、「する」「観る」「支える」を軸に、「生涯に亘る心身の健康保持・増進」と「人と関わるツールとしての運動(スポーツ)」を伝えることができればと思っています。研究では「幼児期の子どもの運動」「小学校体育」「バレーボール」をテーマに取り組んでいます。
 中学生の頃からバレーボールに関わり、今でも松江キャンパスバレーボール部監督、卒業生チームの監督として活動しています。「やるときはやる!」を部のモットーに、メリハリのある合理的・科学的な練習に取り組んでいます。

〇主な担当授業

・体育I(1年次秋学期)
体育1

保育士資格、幼稚園及び小学校教諭一種免許状取得に必要な科目です。幼児、児童の運動機能の特徴や年齢的特徴を知り、体つくり運動、器械・器具を使う運動(遊び)、ルールのある運動(ゲーム)、走・跳の運動など、学習指導要領に定められる全領域について環境構成及び具体的展開のために必要な知識や指導技術を修得し、体育の授業が運営できるようにします。 


・健康スポーツ概論(1年次秋学期)

保育士資格、幼稚園・小学校・中学校・高等学校教諭一種免許状取得に必要な科目です。競技スポーツや健康の保持増進のためのスポーツ、スポーツを活用した健康生活について学修するとともに、大学生として心得ておくべきスポーツ政策の概要や現代的諸問題について学修します。また、スポーツ活動を通したパーソナリティー形成や社会性の発達、身体への効果についての知識を修得し、スポーツの見かた・考え方について学修を深めます。