松江キャンパスホーム > キャンパス情報 > 図書館 > 利用について > 各種情報 > オススメ本 > 学生アルバイトおすすめ本 バックナンバー 第71回~80回

学生アルバイトおすすめ本 バックナンバー 第71回~80回

第71回 学生アルバイト 上田 晴加

第72回 学生アルバイト  高村 未羽

第73回 学生アルバイト  野津 成美

第74回 学生アルバイト 野村 星歌



第71回 学生アルバイトおすすめ本


オススメ本 
   図書館 学生アルバイト 上田 晴加

   私のオススメ
   『シアター!』

   有川浩著
       KADOKAWA/メディアワークス文庫 2009年
 

 主人公は小さな劇団を運営する「春川巧」。ある日突然劇団員の半分以上がやめてしまい、劇団が300万円の借金を抱えていたことを知ります。団長にもかかわらずそのことを知らなかった巧は、兄の司に泣きつきます。今までも似たようなことで巻き込まれてきた司は、「2年間で劇団の収益のみでの借金完済」を巧に突きつけます。今まで学生のサークルのようなノリで来ていた劇団員が利益を上げられる団体としての劇団に成長していくまでを追った物語です。
 私がこの本に初めて出会ったのは高校の頃で、その頃は、巧のことを「なんてだらしない大人なんだ」と思っていました。就職を見据えて、大人に近づいている今改めて読んでみると、巧がとても勇気のある人だという印象に変わりました。借金がきっかけとはいえ自分の実力を信じて生きていくと決意することは並大抵のことではないと思います。自己PRが書けずに悩んでいる私にとってとてもまぶしく映りました。今将来に悩んでいる人、一歩踏み出す勇気が欲しい人に是非読んでほしい一冊です。

第72回 学生アルバイトおすすめ本


オススメ本 
   図書館 学生アルバイト 高村 未羽

   私のオススメ
   『嫌われる勇気:自己啓発の源流「アドラー」の教え』

   岸見一郎、古賀史健著
       ダイヤモンド社 2013年
 


 ここ数年注目されているこの本を皆さんは聞いたことはありますか?この本はアドラー心理学という、アルフレッド・アドラーという人が20世紀初頭に創設した新しい心理学をわかりやすく説明している本です。例えば「なぜ劣等感を感じるのか」など、人々が生きていく中で感じる悩みやそれを乗り越える方法をこの本の中では説明しています。
 心理学と聞くと勉強のように感じて手を出すのをためらってしまう人もいるかもしれませんが、この本は生きていく中で人が感じやすい悩みを題材にしているため、自分の中で共感しやすい題材が見つかるはずです。この本を機に心理学を少しでも学んでみませんか?

第73回 学生アルバイトおすすめ本


オススメ本 
   図書館 学生アルバイト 野津 成美

   私のオススメ
   『TOKYO STYLE』(ちくま文庫)

   都築響一著
       筑摩書房 2003年
 


 90年代の東京に暮らす人々の部屋を映した写真集。部屋の写真の横には部屋主についての短い解説が添えられている。本書で登場する部屋のほとんどが大量の物で埋め尽くされておりお世辞にも整った部屋とはいえない。しかし、ついじっくり部屋の荷物を眺めながら持ち主の人柄を想像してしまう。部屋に置かれた品々も当然90年代のレトロな雰囲気そのままである。ある部屋主の本棚に漫画『AKIRA』が置かれており、これが『AKIRA』をリアルタイムで追っていた人の部屋か!と感激してしまった。友達の部屋に訪れた際に本棚をつい覗き込んでしまうタイプの人や、90年代の雰囲気が好きな人に是非おすすめしたい一冊。

第74回 学生アルバイトおすすめ本


オススメ本 
   図書館 学生アルバイト 野村 星歌

   私のオススメ
   『秘密のスイーツ』(ポプラポケット文庫)

   はやしまりこ著
       ポプラ社 2013年
 


 主人公村田理沙は自らの体型にコンプレックスを持つ小学6年生の女の子。しかしお菓子は大好き。そんな彼女は母親の携帯を手に家出を試みます。向かった先は近所の神社。人通りが少なく絶好の隠れ家です。しかし母の携帯が鳴り出し慌てた理沙は境内の柱に空いた穴に携帯を隠しました。
 家に帰ると携帯を無くして大騒ぎする母の姿が…。理沙は自分の携帯から母の番号にかけてみると出たのは中森雪子という女の子でした。しかし雪子は1944年に生きる女の子でした。理沙は操作方法を教えて1944年の風景などをとってもらい、携帯を柱の穴の中に返して貰いました。母の携帯と引き替えに理沙は現代のお菓子を向こう側の世界に送るのでした。
 このお話はこんな風に始まります。昔懐かしいお菓子や好きなお菓子を傍らに読むのも良いかもしれません。