2021年の展示

バックナンバー

2021年1・2・3月分
2021年4・5月分
2021年6・7月分
2021年8・9月分


 『本屋大賞』歴代ベスト3、集めました (2021年1・2・3月)

             
本屋大賞         


PDF  ← 画像をクリックすると
     展示本のリスト(PDF)が表示されます。

  

  
 



 『本屋大賞』は、ご存知の人も多いかと思いますが、新刊書の書店で働く書店員の投票によって決まる文学賞で、2004年から毎年発表されています。その年に刊行された日本の小説で、書店員がもっとも売りたい・読ませたいと思ったものを投票によって決めるというものです。新しい文学賞ですが、芥川賞や直木賞の受賞作よりも販売促進効果があると言われており、各メディアからの注目度も高く、受賞作の多くが映画やドラマなどの映像化もされています。その歴代ベスト3を、本だけでなく、映像化されたDVDも一緒に集めました。小説好きの人ならほとんど読んだことがある作品ばかりだと思いますが、この機会に再読してみたり、読み逃したものをチェックしてみてはいかがでしょうか?
 併せて、雑誌「ダ・ヴィンチ」2021年1月号に掲載されている「BOOK OF THE YEAR 2020」の小説ランキング1~20位も並べています。昨年の話題作がたくさんありますので、ぜひ手に取ってみてください。


  【参考文献】
・"本屋大賞", 日本大百科全書(ニッポニカ), JapanKnowledge, https://japanknowledge.com , (参照 2020-12-17)
・"本屋大賞[文芸]", 情報・知識 imidas 2018, JapanKnowledge, https://japanknowledge.com , (参照 2020-12-17)
・"本屋大賞【2020】[本と文芸【2020】]", 現代用語の基礎知識, JapanKnowledge, https://japanknowledge.com , (参照 2020-12-17)  

 100冊読書ノートマラソンに参加しよう! (2021年4・5月)

             
100冊読書         


PDF  ← 画像をクリックすると
     展示本のリスト(PDF)が表示されます。

  

  
 

  


 ご入学・ご進学された皆さん、おめでとうございます!新年度が始まり、新たに大学生活を送っている人が多いのではないでしょうか?この1年間、図書館をたくさん利用してもらえたら嬉しいです。
 さて、図書館では、4/19(月)~10/1(金)の期間に「100冊読書ノートマラソン」を開催します。これは、図書館で活動する学生図書委員会のという学生団体の企画で、専用のノートに読んだ本の感想を記入して、その数を競うというものです。よりたくさん本を読んで感想を書いた人には、図書カード1万円分などの賞品をお渡しします。松江キャンパスの学生なら誰でも参加することができ、昨年は約25名の学生が参加してくれました。
 今回の展示では、この企画に参加するための参考になればと思い、昨年の開催時に提出されたノートの中から、感想をいくつかピックアップし、本と一緒に並べてみました。また、他の学生がどんな本を読んでいるのか、その本を読んでどのように感じているのか知ることができるので、読書をするときのヒントに繋げてもらえたら嬉しいです。 参加希望は図書館カウンターで受け付けていますので、気軽に声をかけてください。この機会に新しいチャレンジを始めてみませんか?たくさんの参加お待ちしています!
 さらに、現在、学生図書委員会のメンバーを募集しています。少しでも興味のある人は、図書館カウンターに声をかけてください。ぜひ一緒に図書館を盛り上げましょう!

 SNSで話題になった本・書籍化された本、集めてみました (2021年6・7月)

             
100冊読書         


PDF  ← 画像をクリックすると
     展示本のリスト(PDF)が表示されます。

  

  
 

   


 現在、私たちの生活にSNSは欠かせない存在となっています。様々なメディアの普及により、活字離れや本が売れなくなったと言われることもある出版界でもSNSの影響を受けています。
 例えば、1980年に出版された『日英語表現辞典』は、2004に年ちくま文芸文庫から刊行されて以後絶版となっていました。しかし、2018年10月頃にTwitterで話題となり、古書店で高値が付くなど、復刊を望む声が高まったため緊急復刊されました。
 また、2016年に出版された『あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら』(スターツ出版文庫)は、一般読者によるTikTokへ投稿が話題となり、出版から4年後の2020年に重版が決定、「本屋で今検索されている本ランキング(2020年6月17日~6月23日)」(※1)の5位にランクインするなどSNSがきっかけで大反響となりました。
 このように、SNSがきっかけでかつて出版された本が再注目される場合もありますが、SNSへの投稿がきっかけで新たに書籍化されるケースもあります。
 最近では、きくちゆうき氏が2019年12月から自身のTwitterに4コマ漫画「100日後に死ぬワニ」を公開すると、話題となり、書籍化やアニメ映画化も決定するなど人気になっています。
 今回の展示で、SNSで話題になっていたことを知らなかった人は知るきっかけに、知っていた人も同じ作品を紙媒体で楽しむなどしてもらえたらと思います。


   ※1…日本出版販売の運営サイト「ほんのひきだし」のランキング
  【参考文献】
・「(売れてる本)『日英語表現辞典』最所フミ<編著>」『朝日新聞』読書1 2018/12/15・朝刊 27ページ (聞蔵Ⅱ)
・「『TikTok』で超話題!『あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。』緊急大量重版決定[スターツ出版]」『PR TIMES』2020/07/29 (日経テレコン21)

      

 SF小説の魅力に触れてみませんか? (2021年8・9月)

             
SF小説         


PDF  ← 画像をクリックすると
     展示本のリスト(PDF)が表示されます。

  

  
 

   


 2021年は日本の代表的なSF作家である小松左京の生誕90年という節目の年です。
  小松左京は、1962年にSF短編でデビューし、1985年の『首都消失』では日本SF大賞を受賞。SF界を代表する1人でありながら、「大阪万博(1970)」や「国際花と緑の博覧会(1990年)」の総合プロデューザーを務めるなど多才な人物としても知られています。なかでも、代表作は1973年に発表した『日本沈没』で、数多くの映画やテレビドラマの原作にもなっています。今年の10月にも新たにテレビドラマが放送予定で、生誕90年ということもあり、改めて小松左京の作品を目にする機会が増えそうです。
 ところで、SF小説の“SF”とは何か知っていますか?『デジタル版 集英社世界文学大事典』によると、SFはサイエンス・フィクションの略で、空想科学小説とされるジャンルです。1926年に世界初のSF専門誌が創刊され、小松左京のようなスペース・オペラ(宇宙冒険小説)と言われるサブジャンルも生まれるなど、人気のジャンルとなっています。
 しかし、日本ではサイエンス・フィクションやスペース・オペラといったいわゆる本格的なSF小説だけではなく、少し変わった不思議な世界を描いたものも広義でSF小説と扱っている場合があるようです。
 さて、今回は小松左京の生誕90年をきっかけに、様々なSF小説に触れてもらえたらと思い企画しました。小松左京の作品だけではなく、『SFが読みたい!2021年度版発表!ベストSF2020』(早川書房、2021年発行)で上位にランクインした国内外の作品も展示しています。様々な作品に触れて、SFの魅力にはまってみてください。

【参考文献】
・”小松左京” , 日本大百科全書(ニッポニカ), JapanKnowledge, https://japanknowledge.com , (参照 2021-7-30)
・”SF(空想科学小説)” , デジタル版集英社世界文学大事典 , JapanKnowledge, https://japanknowledge.com , (参照 2021-7-30)