2022

第2回カメリア大賞

2022/10/10

第2回カメリア大賞が決まりました!

〇カメリア大賞とは

松江キャンパスの活性化・魅力発信につながる、県大松江キャンパスの学生による芸術等の活動を促進・表彰するもの(令和3年度創設)

 

〇作品

写真&3行詩(Photo&Poem

テーマ:「松江キャンパスでのとある1日」

 

第2回カメリア大賞に、17名43点の素敵な作品が応募されました。そして学生、教職員の投票により1010日(月)に行われた飛鳥祭で受賞者が発表されました。

 

【受賞作品】

カメリア大賞

 カメリア大賞

1限急行 授業は休講

意味ねえ苦労 こぼすtears

見てねえteams   Oh!!ジーザス!

                  楽勝圧勝優勝ラッパー卍

 

2位

2位
 

                 【間隔をあけてお並びください】

                         え。

                 ここでもしないといけないの・・・

                                         Kenny

 

 

 

3位 作品 本の森

3位 

  図書館の中に広がる木々

 さあ、行こう

  知識の森へ 出発だ!

         (鈴音)

 

 

人間文化学部長賞

人間文化学部長賞 

テレビが最低気温から最高気温を告げる季節に変わり
私はただただ検索しても出てこない噂に
耳を澄ませる

                         (えみちゃんねる)

 

 

短期大学部長賞

 短期大学部長賞

雨上がりだけの特別な空     

なぜだか嬉しくなる

明日はいい日になるだろう

 

               (そら)


佳作(5点)

 佳作1

彼氏がさ 推しがさ 就活がさ

うんうん そうだね

ところでお菓子いる?

ぽすつめ

 

 佳作2

ここへ出て座り込む

暑いとか休憩とか

言うけれど、けれど

                 二代目挑戦者

 

佳作3
鐘の音に耳を傾け

沢山の生徒を見てきた 貴女の目に

私はどう映っているのだろうか

                  (ふぇり)

佳作4 

ぶつかりかけた鏡のドア

まるで鏡の迷路みたい

  学校で 遊園地見つけた
(積読常習犯)

 

 佳作5

今日もテスト勉強頑張った

私が見れる

この景色

(いち)

 

大講義室映像音響機器更新業務について

2022/8/17

松江キャンパス大講義室の映像・音響機器が老朽化したため、その更新業務ついて公告をしています。

詳しくは、入札・契約情報ページの入札情報欄をご覧ください。

学生寮の避難訓練を実施しました

2022/6/29

松江キャンパス学生寮にて、定例の避難訓練を実施しました。

食堂から出火した想定で、非常ベルが鳴動。
寮生は手分けして現場確認と寮全体への避難指示、
119番通報を行い、在室していた寮生は、屋外階段を利用し
迅速に避難を行いました。

また、副学長による講評後には、 寮に備え付けのはしごを使った
避難の実演も行われました。
30度を超える炎天の下、参加した寮生全員が無事避難を完了し、
万が一の際の動きを確認しました。

講評

避難訓練

はしご訓練

令和3年度 学生表彰

2022/6/5

 令和3年度学生表彰式を行いました 

2022/6/1


令和3年度学生表彰式を行いました

 本学には、学術、芸術、スポーツ、文化活動及び社会活動において他の学生の範となる活動を行い、又は優秀な成果を挙げた場合等に表彰を行う制度があります。令和3年度は、芸術部門で個人1名、社会活動部門で団体1名が受賞し、副学長から表彰状が授与されました。集合写真受賞者

 



〇受賞者紹介

【社会活動部門:CLSサークル(57名)】

CLSサークルではコロナ禍において対面活動が制限される中でも最先端のICT技術を活用し、現代ならではのボランティアを行っている。テレプレゼンスロボット(可動式のモニターが付いたロボット)を活用した高齢者施設でのクリスマス会などは独創的な活動も行っている。

また、特別支援学校や福祉施設など多くの外部団体とのボランティア活動を展開していることも評価され令和3年度県民いきいき活動奨励賞(ユース部門)を受賞した。

 
 

【芸術部門:田中千智】

制作した美術作品「万彩の忍(ばんさいのしのび)」が、「2021年度第54回島根県総合美術展(県展)」のデザイン部門において銀賞を受賞。

島根県展は県内最大の美術展であり、熟達した作家が多数参加するため、学生が受賞することは極めて難しい中で実質第3位の評価を得たことは、大きな価値が認められる。

 受賞作品

 

【オンライン参加可】3月5日|DAISY研修会 開催のお知らせ(案内) (第2回 しまね読み書き支援セミナー/らっきょうの花15周年記念研修会) 

2022/2/1

 

セミナータイトル 

 

 

 

 

 

 

 

DAISY研修会を開催します

しまね読み書き支援研究会は島根県内の読み書き支援に関係する人の交流を促進し、広く情報共有すること等を目的として活動をしております。
このたび、研究会において、添付の通り、鳥取県の困り感を抱える子を支援する親の会/らっきょうの花との共催により、鳥取県・島根県両県全域及びその周辺域の住民を対象とした実践的な研修会を開催いたします。つきましては、是非とも本セミナーの参加をご検討ください。よろしくお願い申し上げます。

副題を「発達障がい児者等の実りある学びのために」としています。
知っているようで知られていない?! DAISYについて学びを深めましょう、という研修会です。

参加費無料です。チラシ内のQRコードからぜひお申し込みください。

 

セミナー詳細・申し込みについて |オンライン参加できます!

 1.日時及び内容:令和4年3月5日(土)
【第一部】10:00〜12:15 

講演1「DAISY(デイジー)ってなんだろう?〜一人ひとりのニーズにあった学習・読書方法の支援のために〜」
西澤達夫[(公財)日本障害者リハビリテーション協会 情報センター 参与

講演2「mDAISY/ePUB教科書の使い方指導と作成のこれから〜「読書は百遍」? mDAISY/ePUB教科書は7つのステップで自習できる〜」
沖田克夫[NPO法人読み継ぐ書物のアクセシブル図書館 代表]

【第二部】13:00〜15:00

体験会:DAISY(デイジー)の使い方1、2
酒井詩織(社会福祉法人鳥取県ライトハウス点字図書館)

2.参加登録方法

下記のリンク、もしくはチラシのQRコードよりお申し込みください。
申込フォームnew_window

3.参加費

無料

4.場所

1)鳥取会場:鳥取県立図書館2階 
2)島根会場:島根県立大学 松江キャンパス体育館研修室
3)オンライン会場
のいずれかから選択できます。

その他はチラシをご覧下さい(PDFファイルはこちらPDF)。

 

チラシ表  チラシ裏面