日本文化コース

日本を知りたい、自分をもっと確かめたい

日本文化コースは、【日本の文化と歴史】【日本語】【日本の文学】の3つの科目群で構成されます。日本で生まれ育った皆さんがこれまでの生活の中で慣れ親しんできた日本の文化や歴史、日本語、日本の文学について、幅広くかつ深く学びます。日本文化コースの学びを通して、確かな日本語力と豊かな感性、そして日本について多面的に考える力を養います。

【日本の文化と歴史】

自らの文化である日本の文化を見つめ直すとともに、日本の歴史について専門的に学修することで、現代の日本と日本の文化を相対化して考える力を養います。地域の生活文化に関する科目、人間の想像力によって生み出された日本の文化(妖怪もその一つです)に関する科目、時代やテーマ別の歴史に関する科目など、多彩な科目を用意しています。

  《授業紹介》 日本文化論Ⅰ(居住文化)

日本の居住文化は、地域資源を用いて気候に合う住宅を造り、人間の望む生活様式を空間に反映しながら発展してきました。松江には竪穴住居から武家屋敷まで様々な時代の文化財構造物があり、住居の歴史も実物を通して学びます。

nihonbunkaron1kyoju

【日本語】

母語である日本語を様々な観点から学修し、日本語に対する理解を深めます。日本文化コースの必修科目「日本語学概論Ⅰ・Ⅱ」では、他の言語や過去の日本語との比較を通じて現代日本語の特徴を理解します。日本語の歴史、文法、方言に関する科目があります。

  《授業紹介》 日本語文法論

「している」は進行形で、「した」は過去形だと思っていませんか?けれども、図の「メガネの人」について、「メガネをかけている人」とも「メガネをかけた人」とも言えます。なぜでしょうか?何気なく使っている日本語を観察し、考察するのが日本語文法研究です。

meganenohito

【日本の文学】

古代から現代にいたる日本の文学について学び、そこに描かれた日本人の多様な生き方について理解を深めます。日本文学全体を見渡す「日本文学史Ⅰ・Ⅱ」をはじめ、和歌・物語・小説・童話・詩・郷土文学など、日本のさまざまなジャンルの文学について専門的に学ぶことができます。

  《授業紹介》 古典文学Ⅰ(神話と伝説)

日本古典文学のうち、古代出雲に関わる神話や伝説を取り上げます。『古事記』の出雲神話や『出雲国風土記』の国引き神話、『風土記』や『万葉集』に収録された伝説について、地理的・歴史的背景を踏まえて考察します。

kotenbungaku1