ホーム > 学科 > 健康栄養学科 > 学科概要

学科概要


健康栄養学科で学ぶこと

健康栄養学科では、食と栄養、健康に関する専門的知識と技術を身につけ、「食」を通して豊な心と思いやりを育み、「人の健康づくり」に貢献できる地域密着型の栄養士を育成します。人が健康で豊かな生活を営むうえで基本となるのは、食生活です。栄養士の仕事は、栄養学に基づいて人々の豊かな食生活や健康を支援することにあります。

人の健康に食と栄養がどのように関与しているのか。人の身体のしくみや栄養診断の方法、食品や調理、社会環境や地域の食文化など、幅広い分野から食及び栄養と健康との関係について学びます。また、それをどう伝えるのか、栄養教育、人とのコミュニケーション技術などについて学びます。基礎から専門にわたる充実した講義や実験・実習、実社会で活躍している管理栄養士による講義や交流を通じて、保健・医療・福祉などの分野において、栄養士として、ライフステージを通じて適正な栄養管理ができる能力を培います。

「本学の学生に,この大学を選んだ理由をたずねると、その多くが「地元に貢献できる栄養士になりたいので」「まず栄養士になって,さらに勉強して管理栄養士資格を取り,地元に貢献したいから」と答えます。地元に貢献できる栄養士になる夢を持って入学してくる学生が多いことがよくわかります。

本学健康栄養学科は、入学した学生が,地域社会との関わりの中で,栄養士としての必要な知識な技能を修得でき,様々な状況で柔軟な思考や的確な判断ができるようになるための適切なカリキュラムを持っています。2年間という凝縮された時間に精一杯努力することにより、実力をそなえ地域に貢献できる栄養士になることができます。また、卒業後の忙しい勤務の合間にすることになる、管理栄養士国家試験受験の勉強を支援するプログラムも持っており、多くの卒業生が管理栄養士の資格を取得して地域で活躍しています。

 取得資格

栄養士免許

学科紹介ビデオ