ホーム > 学科 > 健康栄養学科 > 卒業後の進路

卒業後の進路


毎年約70%の卒業生が栄養士として就職しています。保育所への就職希望者が増えていますが、採用数は年度によりかなりの変動があります。病院や老人福祉施設では、給食会社に委託しているところが多くなっています。また、これらの施設では、医療保険等の関係から管理栄養士が採用条件となっています。 栄養士として必要な献立作成や調理能力を身につけられることもあって、まず、給食会社に就職して、実務経験を積み、管理栄養士免許を取得してから、次のステップを考えるよう就職指導を行っています。

山陰では、日清医療食品や富士産業などの大手給食会社(全国規模)が、大学病院、公立病院、老人福祉施設などの給食を請け負っています。近くでは、松江赤十字病院、松江市立病院、松江記念病院、島根大学医学部附属病院などがその例です。

その他、4年制大学(管理栄養士養成課程など)、専門学校、食品関連の一般企業などへ進学又は就職しています。一般企業も含めた就職内定率は平成 21年度82%、平成22年度93%(就職進学不明者を就職希望者に含めて算出)、平成23年度100%、平成24年度97%でした。

 グラフ

主な就職先

 【県内】

安来第一病院、松江赤十字病院、富士産業(株)山陰事業部、(株)和田珍味、服部珈琲工房(株)、旭糧菓(株)BAKE SHOPローズ、せんだん会、徳祐会、やまゆり、比津ヶ丘保育園、ふたば保育園、伊波野保育園、おやま保育園、育英幼稚園・保育園、たまち保育園、万田の郷 ほか

 【県外】

池田糖化工業(株)、日清医療食品(株)近畿支店、さんれいフーズ、門永水産、(株)ホーユー、(有)メディフード、このみ保育園 ほか

【公務】

山口県職員(小中学校栄養士)