ホーム > 進路・就職 > 先輩のメッセージ(編入学編)

先輩からのメッセージ(編入学編)


「からだ」から「生命」へ

春日美香    春日 美香
    家政科食物専攻 / 2004年度卒 / 岡山大学理学部生物学科

     もともと栄養士を志望していた私は、食物専攻で「食」と「からだ」を学ぶうちに、「からだ」の    基本となる「生命」の仕組みをさらに詳しく勉強したいと思うようになりました。
 2年の初めから、生物学科を持つ国公立大学の資料を集めながら、専門分野・専門英語の勉強を始めました。
 編入試験では、結果として2校の合格をいただきましたが、学科の研究内容について、より魅力を感じた
岡山大学を選びました。
 編入して半年ほどは、新しい環境になれながらの勉強でかなり大変でしたが、しだいに生物学科で学ぶ内容と、食物専攻で学んだ内容との関連が分かってくるに従って、講義や実験の内容が理解できるようになりました。
 卒業研究では、発生に関する研究室を選び、ショウジョウバエの卵に、細い針で遺伝子を注入する毎日を送っています。そして「からだ」や「生命」に関する研究は、とても広く、またお互いに関連しあっていることを実感しています。