ホーム > キャンパス > 図書館 > 各種サービス

各種サービス


 ◆ レファレンス ◆

図書館利用に関する質問、資料索引に関する質問などは、カウンターで受け付けます。
探している資料が見つからない場合は検索方法のアドバイス等をします。 

◆ 文献複写 ◆

セルフサービスによるコイン式の複写機を設置しています。
複写をする前に「複写申込書」に必要事項を記入の上、カウンターに提出して下さい。

※白黒(1枚10円)、カラー(1枚50円)
※複写できるのは当図書館が所蔵する資料に限り、著作権の範囲内で複写することができます。

◆ 予 約 ◆

 借りたい本が貸出中のときは「予約カード」に記入してカウンターに提出するか、My OPACnew_windowから予約をして下さい。 

◆ My OPAC ◆

  1. My OPACnew_windowには、以下の機能があります。
    (1)貸出資料の延長
    (2)予約
    (3)貸出・予約状況の確認
    (4)文献複写・貸借の申し込み
    (5)希望図書リクエスト

◆ リクエスト ◆

購入希望の図書があれば「リクエストカード」に記入してカウンターに提出するか、My OPACnew_windowから申し込みをして下さい。

◆ グループ閲覧室 ◆  

5人〜20人までのグループで利用ができる共同閲覧室が2部屋あります。DVD・Blu-rayディスクの閲覧、プロジェクター、ノートパソコン、iPad等が利用出来ます。
利用は「グループ閲覧室使用願い」に記入の上、カウンターに申し込んで下さい。

 ◆ 相互利用サービス ◆

図書館の所蔵資料だけでは、充足できないとき、学内各研究室の資料、あるいは他の大学図書館や研究機関の資料が利用できるように、できるだけ援助します。

  1. 他館利用のための紹介状の発行
  2. 他館が所蔵している資料の所蔵調査や複写依頼
  3. 国立国会図書館所蔵の図書の借り受けや調査依頼
  4. 諸外国機関所蔵資料の利用 
 
◆ 著作権法第31条(図書館等における複製) ◆

図書、記録その他の資料を公衆の利用に供することを目的とする図書館その他の施設で政令で定めるもの(以下この条において「図書館等」という。)においては、次に掲げる場合には、その営利を目的としない事業として、図書館等の図書、記録その他の資料(以下この条において「図書館資料」という。)を用いて著作物を複製することができる。

  1. 図書館等の利用者の求めに応じ、その調査研究の用に供するために、公表された著作物の1部分(発行後相当期間を経過した定期刊行物に掲載された個個の著作物にあつては、その全部)複製物を1人につき1部提供する場合
  2. 図書館資料の保存のため必要がある場合
  3. 他の図書館の求めに応じ、絶版その他これに準ずる理由により一般に入手することが困難な図書館資料の複製物を提供する場合