松江キャンパスホーム > キャンパス情報 > 大学・キャンパスの動き

大学・キャンパスの動き

福井一尊展「在るものと 見えるものと」のご案内、ほか

2018/9/21

福井一尊展「在るものと 見えるものと」のご案内

 人間文化学部准教授 福井一尊による企画展『福井一尊展「在るものと 見えるものと」』が岡山県天神山文化プラザ開催されますのお知らせいたします。

 「在るものと 見えるものと」と題した本展では、福井が「最近気に入っている」というガラスを用いた作品、そして空間に張り巡らされた「線」から立ち上がる立体作品等、最新作で構成します。「今」という時代、そして「ここ」天神山文化プラザの空間において、福井が作り出す作品は私たちに新たな手触りをもたらしてくれるでしょう。

  天神山文化プラザHP: http://www.tenplaza.info/event/detail.php?i=1046 (外部サイト)

福井一尊展「在るものと 見えるものと」 PDF

  <島根県立大学松江キャンパス地域連携課 TEL:0852-28-8322>




 しじみ運動サポート隊に参加しました

松江警察署主催のしじみ運動にサポート隊として任命されました。

「しじみ運動」とは、しっかり・じっくり・みて運転・横断という意味です。くわしくはこちら

秋の全国交通安全運動で交通ボランティアとして活動します。
委嘱式 検問 パトカーと記念撮影
委嘱式で委嘱状の交付がありました 検問をしています パトカーと記念撮影しました

 

「しまね文化論」一般公開のお知らせ(松江キャンパス)

2018/9/18

島根県立大学松江キャンパスでは、今年度より4年制の新学部「人間文化学部」を開設いたしました。
同学部は、地域に愛着と誇りを持ちながら、地域に根差し、地域に活躍できる人材の育成を目的としております。
「しまね文化論」は、同学部の重要な授業に位置づけています。松江城、出雲大社、石見銀山、たたら製鉄など、
島根県が有する豊かな特色ある地域文化・地域資源について、各回のテーマに相応しい専門家や実践者をお招
きし、文化の歴史的背景やその価値、文化を継承する上での課題や未来へ向けた取り組みなどをご講義いただき
ます。本授業の一部を地域の皆様にも公開いたしますので、本学学生と一緒に学んでみませんか。

開講スケジュール

詳細(申込用紙)はこちらからPDF
<お問い合わせ>

松江キャンパス 地域連携課 TEL:0852-28-8322   FAX:0852-20-0267

2018サマープログラム 21日目~最終日 無事帰国しました!(松江キャンパス)

2018/8/29

昨日夜、サマープログラムに参加した学生・引率教職員が約3週間の研修を終え、無事帰国しました。
長旅の疲れは少し見られるものの、皆元気な顔を見せてくれました。
学生からの研修報告は、後日、HPへ公開予定です。
また、現地プログラムをコーディネートしてくださったCWUのご担当者様、先生方、お世話になった方
全てにこの場を借りてお礼申し上げます。

松江C帰着1松江C帰着2

2018サマープログラム 15~20日目の様子(松江キャンパス)

2018/8/28

 

<島根県立大学松江キャンパス地域連携課 TEL:0852-28-8322>

2018サマープログラム 12~14日目の様子(松江キャンパス)

2018/8/24

<島根県立大学松江キャンパス地域連携課 TEL:0852-28-8322>

キャンパス情報

前月2018/9次月
2627282930311
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30123456

新着ページ一覧